Happy New Year!!

Tuesday, December 29, 2009
良い年をお迎えください!

she's a cutie...

Sunday, December 20, 2009

少し落ち着いて来ましたね。

mama to oshigoto

Friday, December 18, 2009

Growing pains

Wednesday, December 9, 2009





It's a pretty big adjustment for all of us. Every day is another lesson. Some of us are growing more quickly...

私達皆にとってすごい変化の時期。みんなが毎日少しずつ成長しています。あるやつが一番早いけど…

once in a blue moon...

Thursday, December 3, 2009

Once in a while, we get some of these, and the sleepless nights are forgotten...

cute little pea

Tuesday, December 1, 2009

今日は天気がよかったので初めて散歩に行きました。豆ちゃんはとても機嫌よくてすぐ寝ました。イェイ、イェイ、イェイ!

Did I ever say thank you?

Saturday, November 28, 2009

I don't ever remember thanking you for giving birth to me, raising me, loving me, and for all the sacrifices you made for me. Thank you, mom. I miss you every moment of every day.

「ありがとう」って言ったことはなかったよね。生んで、育ててくれて、愛してくれて本当にありがとう。いつも会いたいと思っています。

Finally catching up...

Sunday, November 15, 2009

Finally we're catching up (sort of) on our sleep. Thanks to our very sweet friends who listen to our complaining, keep us company, and feed us!

やっと少しペースがつかめて来たかな?暖かい友人達が応援し、たくさん話を聞いてくれたり、差し入れをしてくれて、本当にありがたいです。みなさんありがとう!

nakayoshi koyoshi

Wednesday, November 4, 2009

ふぁんふぁんは赤ちゃんと仲良しにしてくれてます。偉いね!

happy now but...

Saturday, October 31, 2009

夜もこんなに機嫌よかったらいいのに…

hello!

Monday, October 26, 2009

baby is here!!

Saturday, October 24, 2009

I've fallen in love. She is so beautiful.

Aki was incredible, all the way through. It was the most amazing experience I've ever had. Thank you aki and little baby. And welcome to the world, little one. I wish everything for you.

-----------------------------------------------------------

恋に落ちてしまいました。本当に可愛いです。

あきはとてもとても強かったです。今まで人生で一番感動した経験でした。あきとベイビーありがとう。ようこそ! あなたの夢がすべて叶いますように。

Number 9

Monday, October 19, 2009

Happy 9th Anniversary Aki! I love you.

sunny

Tuesday, October 13, 2009

We've named this little bear Sunny, after our friend who gave it to us. It looks like our dear friend, too. Yes, they're both pretty cute!

このくまさんに"sunny"という名前をつけました。贈ってくれたお友達によく似ていますので、本当に可愛いです。

Yogaへ

Friday, October 9, 2009

これから、妊婦さんyogaクラスに行って来ま〜す。偉いね!

Getting ready...

Wednesday, October 7, 2009

先週赤ちゃんのカーシートを買いに行きました。病院から帰って来る時はカーシートがなければ車に赤ちゃんを乗せる事が出来ないそうです!こんなでっかいカーシート本当に必要なんかいな。

それ以外のもの、ベイビベット、ストローラ、ハイチェア、お風呂、全部揃いました。友人のクウイアーカップルの子供さんがもう三歳になったので、ほとんどのものを譲ってくれました。ありがとう!本当に助かります。同じクウイアーカップルの子供さんが使ったものを今度私達が使えるのは、とても嬉しいです。

freakは分かる。

Sunday, October 4, 2009

MTFライター、パフォーマ、アクティビスト、Kate BornsteinがGender Outlawという本の中で、こういうお話を紹介しています。

子供の頃、お父さんにサーカスへ連れて行ってもらって、サイドショーを見に行ったそうです。(サイドショーとは"freak”「化け物」を見せびらかすショーです。)

そこで、世界で一番大きい人、オラフに会いました。ケイトは、一瞬で彼と心が繋がり、彼が小さいケイトに近寄りました。彼は、その大きな指に指輪をたくさんしていました。彼は指輪を一つ外して、ケイトの手首に付けてあげました。

二人は同じもの同士ってすぐ理解して、お互いを見て微笑み合ったそうです。

---------------------------------------------------------------------------------------

Kate Bornstein (an MTF writer, performer and activist) tells a story in Gender Outlaw.

When she was a child, her father took her to the circus where she went to go see the sideshow. There, she saw Olaf, the world's tallest man. In a moment, she connected with him. He had rings on his giant hand and removed one to put on her little wrist. They recognized each other as kindred spirits and smiled to one another.

朝青龍

Friday, October 2, 2009


もうすぐ押し出しだよ!
優勝なるか?!!! (笑)

do you really see me?

Friday, September 25, 2009

本当に僕のこと見えてる?

aki

Tuesday, September 22, 2009

new spot

Monday, September 21, 2009

最近この場所がいいです。倒さないでね!

center

Wednesday, September 16, 2009


Thich Nhat Hanhというベトナムからのお坊さんがアメリカにベトナムの停戦を呼びかけようとした時、アメリカ人は

「あなたは北ベトナム出身ですか?」と聞いたら
「いいえ」と答え、
「では、南ベトナムですか?」と聞かれたら
「いいえ、私は中心からです。」と言いました。

-----------------------------------------------

"When Thich Nhat Hanh, a Vietnamese Buddhist monk came over to this country to advocate a cease-fire in Vietnam, people who heard him speak asked,

"Are you from the north?"
"No," he said.
"Are you from the south?" they asked.
"No," he said. "I'm from the center."

(from Long Quiet Highway, Natalie Goldberg)

aki

Sunday, September 13, 2009

元気そうだね!もうすぐだよ。

ah...found a spot!

Saturday, September 12, 2009

やっと飾る場所が決まりました。

familiar

Thursday, September 10, 2009

赤ちゃんの椅子なのに、ちょっと、ふぁんふぁん勘違いだよ。

she shoots, she scores!!

Wednesday, September 9, 2009



Aki and I went to see the Canada Cup Women's Ice Hockey final game the other day. It was Canada vs USA. Canada lost 2-1 but wow! they were great!

It was so inspiring seeing those women playing hockey. Talk about gender bending! I love watching women play sports...and playing hard!

この間、カナダカップ女性アイスホッケーを見に行きました。カナダはアメリカに2−1で負けましたけど、とても感動的なプレイを見せてくれました。女性ホッケーすごい!

女性がスポーツをやっている姿って本当に大好きです。それこそ、ジェンダーのわくを押し広げる存在です。頑張れーカナダ!

才能

Monday, September 7, 2009

アートを真剣にやり始める前、大きな壁となっていた事の1つは、自分には才能が足りないと思っていた事でした。アートをして生活する事が、どんなに大変かも知っていたし、自分の才能が十分でないと思っていたので、少しでもトライする事すらとても怖くてアートから逃げていました。

そこで、自分が自然に上手にできると思っていた技術や仕事を探し、それを自分が世界に発信するべき才能なんだと考えてきました。自然に上手なことを追って、前に進めばいいと思っていました…。上手に出来る事は、もちろんある程度は楽しむ事ができたけれど、あまり上手でないこと(つまりアート)にも、いまだ強い憧れをこっそりと抱いていたのでした。

ある時、上手くないものでもやってみよう!と決心したら、世界が広がりだしました。アートをトライし、作品の良し悪しにこだわらず、好きなことや楽しいという気持ちに従うように決めました。こんな風に物事に取り組む姿勢を人生の半ばになって、やっと知ったという事で、本当に謙虚な気持ちにさせてくれました。

自分というものに目覚めるのには一生の時間がかかりそうです。年を取ればもっともっと物事を知ると思っていたけど、実は本当に少ししか分かっていなかったというのが事実な気がします。

自分は、才能の力よりも、欲望や努力の力の方をもっと信じています。作家Natalie Goldbergの言葉ですが「才能は土の下に流れる地下水のようなもので、私達はそれを努力で取り出す。」

確かに才能ってあるかもしれないけど、その視点で世の中を見るなら、もっと上手な人、もっと若い人、もっと賢い人、はいつもいます。でも、私はNatalieが言うように「努力の方があなたをもっと遠くへ連れて行ってくれる。」と思うのです。そして、みんながそれぞれの才能とユニークなギフトを持っていて、それは自分の欲望や努力で現実化するような気がします。

boy or girl?

Sunday, September 6, 2009

Do you know if it's a boy or girl?

This is usually the first question we get from people these days, as we're expecting this October. It's very odd because this state of not knowing the baby's gender (and many, many other things) reminds me of my daily experience around gender.

I'm learning just how early the gender binary starts and reminded about how obsessed the culture is with the world of binary gender.

thanks

Friday, September 4, 2009

back to the city...it sure was a nice restful stay.

kindred spirits

Thursday, September 3, 2009


悟りを開いてます。(笑)

何年ぶりのTofino旅。

Wednesday, September 2, 2009

バンクーバーからフェリーを乗って、また3時間ほど車ではしったらバンクーバー島の西海岸にあるTofinoに着きました。私たちは付き合ってからすぐ、この場所に何回か来ました。とても懐かしいです。あれからは9年もたちました。

今日は朝からゆっくりしていて、ビーチをのんびりと歩きました。あきは朝の運動を頑張っています。えらいね!

スーツ

Tuesday, September 1, 2009

スーツはやっぱりいいな〜

hey!

Sunday, August 30, 2009

What's going on?!

愛は家族をつくる

Thursday, August 27, 2009

最近、家族というのは本当に何だろうとつくづく考えています。今読んでいる本では、愛情と、関わりをもっていく責任への決意が、家族をつくると書いていました。

母はよく、私に家族がいないと心配していました。母にとって、私の世界を認めるのはとても難しかったようです。私には愛してくれるパートナーと沢山のあたたかい友人がいると説明しても、納得出来ず、ただ親戚ともっとかかわり合って、「家族ディナー」にもっと参加して欲しいとよく言われてました。

初めて「血の繋がった家族」と「自分で選んだ家族」が一緒になった席は、私達の結婚式でした。私の人生で初めて二つの世界が混じり合い、「血の繋がった家族」が私のクィアー世界と向き合った、たった一度の瞬間でした。本当に怖かったです。

最近改めて、結婚式のビデオを見て、自分の短いスピーチをよく聞き直したら、家族には「結婚式に来てくれてありがとう。幸運に思っています。"Thank you for coming. We feel lucky."」で、友人には「私達の人生に存在してくれてありがとう。"Thank you for being in our lives."」と言ってました。その言葉の違いを改めて聞いた時、そのクィアー友人達が私達の人生の支えだったと分かりました。

家族は本当は、いろんな形で存在するはずなのに、血のつながり、ストレート等という伝統的な形でしか認められないなら、クィアーの私達には当てはまりません。ストレートの社会が私達の世界を見たくなくても、それは私達の世界が存在しないという事ではありません。

私達自身が自分達の世界と「選んだ家族」を認め、心を込めて耕し育てたいものだと思います。私達の世界は、私達の目の前、ありあまるほど豊かに広がっているのです。

私達の人生に存在してくれてありがとう。

I didn't want to be different.

Wednesday, August 26, 2009



"I didn't want to be different. I longed to be everything grownups wanted, so they would love me. I followed all their rules, tried my best to please. But there was something about me that made them knit their eyebrows and frown. No one offered a name for what was wrong with me. That's what made me afraid it was really bad. I only came to recognize its melody through this constant refrain: "Is that a boy or a girl?""

From Stone Butch Blues, Leslie Feinberg

talent

Monday, August 24, 2009

One of the blocks I had in turning towards art was my insecurity that I just wasn't a natural artist, that I wasn't talented enough. I was well aware of how challenging it is to make a living as an artist in our world, and the thought that I might not be talented enough scared me away from even trying. So, I searched for tasks or skills that I seemed to naturally excel in, and perceived these as my gifts to offer the world. I saw these things that I was good at as my natural source of what I should follow. What I found, sometimes, was that I enjoyed many things that I was good at, but I also noticed that there were things I wasn't so good at, but that I had a secret longing to try or do.

When I gave myself permission to pursue some of these things, my world opened up. And, I turned to art-making in earnest, and allowed myself to make art, good or bad, and to not necessarily make decisions based on what I was good at, but allow myself to follow what I liked or enjoyed. These kinds of discoveries in mid-life were humbling. I was rediscovering myself, and continue to all the time. As I get older, I realize more and more how little I really know. I was under the illusion that I'd know more as I got older, but this has not been true.

I've never really believed in talent. I believe more in desire and effort. And, as one of my favorite writers and mentors Natalie Goldberg says, "talent is like a water table under the earth that we tap with our effort." Sure, there is talent, but there is always someone better, someone younger, someone smarter, when we choose to see the world this way. As Natalie says, "effort will get you farther." I agree and I believe we are all talented and have a unique gift to offer the world. And it is through our desire and effort that these will be revealed to us.

自由

Friday, August 21, 2009

"freedom,自由", silkscreen print

face

Thursday, August 20, 2009

aki & familiar

Tuesday, August 18, 2009

ファンファンはあきの側にずっと座っているのがいいみたいです。ちょっと狭いね。(笑)

familiar is acting a little strange these days...

the cutest shoe

Monday, August 17, 2009

I wanted to wear this! こういう靴、はきたかった〜

three...again

Thursday, August 13, 2009

ふぁんふぁんがあきのお腹の上に座りたいようです。やきもちかな〜

趣味

Tuesday, August 11, 2009

この間、九歳の甥っ子とねんどで遊んでいたら、 「これはマギーのホビー?」と聞かれて、私はちょっとちゅうちょし、「いや、ホビーじゃなく て、キャリアだよ。」と答えました。甥っ子は嬉しそうに「僕もこれをキャリアにしたい!」と言って、 私は「Sちゃんは何でもできるよ。」と答えました。

それから、ホビーとキャリアの違いをもう少し深く考えるようになりました。

趣味と言えば、うちの母を思い出します。母は趣味がとても多く、どんなに忙しくしていても、いつもどうにかして、趣味を毎日の生活の一部としていたような気がします。

母は夜遅くまで店で仕事をしていたので、レジの後ろに座って、よく本を読んで勉強したり編み物をしたりしていた覚えがあります。

六十代に入ってから、短歌を作ったり、書道もしていました。亡くなる前の数年はその「趣味」が何よりも母の支えになっていたような気がします。

こうして見れば、「趣味」と「キャリア」は、一体、何が違うんだろうとつくづく思います。もしかして、そのラベルだけなのかもしれませんね。それと、私の場合は余裕がもっとあるのかもしれません。

ちなみに、母の短歌一つです。

佃煮の山椒ちりめんとり出せば鼻効き猫が逸早く来る


hachidori sighting!

Sunday, August 9, 2009

Yesterday, Aki and I were out for a walk and we saw a hummingbird!! At first, I thought it was a big bug, but then I realized that it was a hachidori. Those little birds sure can fly! I have to admit that they scare me a little.

wake up!

Friday, August 7, 2009
最近、ファンファンは耳が大分遠くなってしまったのです。警戒心が強い猫だったのに今は近くまで寄っても全然気が付かないんです。時々近づいたら、急に目を開いて「ミャ〜ン」とびっくりします。ははは。