decisions

Wednesday, July 29, 2009

video

一万時間

Saturday, July 25, 2009

最近、The Craftsman (by Richard Sennet)という本を読んでいます。そこでは、「何か一つの事を上手になるためには一万時間、それをやり続けなければマスター出来ない」と書いてありました。それって10年間、毎日3時間ということです。

私は、三十代後半になってから、アートを真剣にやり始めました。それまではずっと「遅すぎる。」と思いながらアートスクールへ行く夢を諦めていました。長年、アートに対しての欲望を隠すのがあんまりに上手になっていたんで、パートナーのあきさえ知らなかった事でした。自分の欲望であるのに、自分にとってさえミステリーとなってしまう事があるのは本当です。

あきに、「実は10代の後半から、ずっとアートをやりたかったけど、自分には遅すぎると思ってそのまま過ごしてきたんだ」と打ち明けた時、あきは「その気持ちは、多分これから十年後も変わらないんじゃない?」と言いました。その時、やっと私の中で何かがはじけたようで、この欲望は消えてしまわないという事に気づいたんです。

それで、その夢を追う事に決めて、学校へ通いだしました。それを決めた時点からは、1つの出来事が次の出来事を導くようにして、すぐに自分のアートの道を歩きだしていました。

でも、遅く始めたのは確かで、一万時間にたどりつくよう に頑張らないと!と思っています!

Ten thousand hours


To become highly skilled at most any endeavor, Richard Sennet in The Craftsman writes that one must practice for 10,000 hours. That equates to about 3 hours a day for 10 years.

I came to art-making in my late 30s, finally deciding to apply to Emily Carr Institute of Art and Design , after many years of feeling like it was too late. I had become so good at hiding my desire to make art that my partner, Aki, didn't even know about it. It's true that our longings can become a mystery even to ourselves.

After telling Aki that I'd wanted to practice art since my late teens but I felt it was too late, she pointed out that there was a pretty high likelihood that I'd still feel the same way 10 years later. Then it finally clicked and I realized that my longings weren't just going to go away.

From that point on, one thing led to the next and I was soon on my way.

But, I did get a late start so I'd better get to work! :)

"look"

Wednesday, July 22, 2009

into the box...

Monday, July 20, 2009

These figures are off to the Cheongju International Craft Biennale next week. This year's biennale runs from September 23rd to November 1st, 2009, and its theme is Outside the Box. This year, Canada is the guest pavilion and over 200 craftspeople and artists from across the country will have their work represented at the fair.

The theme for the exhibition at the Canadian Pavilion is "unity and diversity", and the show is being curated by Dr. Sandra Alfoldy. After the biennale, there will be a traveling exhibition of many of these pieces across Canada and the US.

Looks like I won't see these guys for a while. Have a safe trip!

bye bye

Sunday, July 19, 2009

この12フィギュアは、来週韓国のクラフトBiennaleに旅たつんです。今年はカナダがゲスト国ということで、カナダから200人のアーティストがクラフトBiennaleに参加します。その一つの作品がこの子達です。もちろん参加出来ることはすごく感謝してますが、やっぱりさよならは寂しいですね。

韓国のショーが終わったら次、カナダ、アメリカの各都市を回る"Unity and Diversity"というショーに出るので、二年間は帰って来ません!

気をつけて行ってね。絶対無事に帰ってきてください。

絵の力

Thursday, July 16, 2009


去年誕生日にあきが書いてくれた可愛いカードを最近見直したらびっくりしました。最後の絵にあきと私とふぁんふぁん三人ですが、まさにあきのお腹が今この通りになっています!その時はまだ妊娠していなかったんですよ。絵の力ってすごいですね(笑)。

Nice drawings, Aki!

my little supporter

Wednesday, July 15, 2009

My nine-year old nephew is one of my biggest supporters. One time, when he was about four, he was over at our place and we were doing some little craft projects together. He was so impressed by anything I did and said, "you're such a good art-er!" I don't know if I'd even have called myself an "art-er" at the time, but he seemed to think my skills were just fine. Since then, he has often asked me about my artwork, and recently, we made some things with clay together.

He loves to play baseball so of course, he wanted to make a baseball. I could understand because I love ball, too. So he made a hollow clay ball, and painted black laces onto it. Then, he decided that he wanted to write "Mariners" or "Ichiro" or "baseball" on it, but I insisted on something different.

After much debate, he decided on "bald heads". I told him that he'd appreciate the uniqueness of it later, when he grew up.

小さな体で大きな望み...

Monday, July 13, 2009

5歳ぐらいから、週二回月曜日と火曜日に学校が終わってから、兄達と日本語学校に通っていました。私と次男は、5歳から8歳ぐらいの一番下のクラスでした。そのクラスの金沢先生が大好きでした。彼女は、優しくて、大きくて、そして一人一人の違いをよく見える強さがある先生で、生徒さん達には大人気でした。

日本語学校は、毎年劇をやっていたのですが、その年は、「一寸法師」でした。金沢先生はどうしてか、私に一寸法師の役を与えてくれました。他に小さい男の子がいたのにどうしてか、私を選んでくれたんです。もちろん私はとても嬉しく、それからよく「hey, issunboshi!」って学校では呼ばれました。兄は鬼役でしたので、家ではよく刀で彼を叩く練習していました。

劇の日は母はやっぱり私を女の子らしく、かわいらしい浴衣を着せました。私はもちろん男の子用の浴衣を着たかったけど。。。でも鬼を叩くシーンでは、小さい私が、刀をもって、鬼達をおもいきって叩くのですごい音がしたそうで、見ている人は少しびっくりした後、大笑いしたそうです。

金沢先生ありがとう。

Aki

Thursday, July 9, 2009
時々、パートナーのあきはすごい笑わせてくれます。考え方が違うんか、文化の違いなんか、ただ変わっているのか、よう分からないけど、本当におもしろいと思うことが一日に何回かあります。

この間、お腹が空いていて、冷蔵庫の中を覗いてみました。あ〜、これは何だろうと思って楽しみにしながら、お茶碗を開いたら...








玉ねぎの残り半分でした。

大きさがお茶碗にぴったり...

musing about mud

Wednesday, July 8, 2009

musing about mud is a great resource for ceramic artists locally (Canada) and internationally. Ceramic artist Carole Epp tirelessly posts ceramic-related events, calls for submission, and artist profiles (including her own!) on her wonderful blog. As an artist recently out of school, I've found it very helpful to keep me connected while I plug away in my own little world...

hachidori

Monday, July 6, 2009

ブログのタイトル「はちどり」は、とっても小さな鳥ですが、産まれて初めて見たのがうちの庭でした。去年母が亡くなった数ヶ月後の事です。あきと二人でびっくりしました。

母が大事に大事に育てた庭の花の一つ一つに飛び移り、蜜をすって、最後は洗濯を干すラインにしばらくとまって、飛んで行きました。その後、アメリカの方へ旅行した時にも、二回も出会いました!それにまだ、はちどりに関しては不思議な話が続くんですが、思い出すだけでも頭がボーッとします。

よく考えてみれば、はちどりは「はち」と「鳥」の間の生き物でした。自分もそういう気持ちです。

less than perfect...

Saturday, July 4, 2009

Even familiar has her days when she wants to let it all hang out. I totally understand. だれだって、かっこ悪いところを時々みせたくなるよね!

Sometimes when I'm making work, I have to make an effort to let go of that need for it to be "good". I try to give myself space to make work that's not good. I understand it's important to practice as in anything else I want to get better at. But, it's still disappointing to see all that work that's less than perfect...

Familiar, you are perfect.

Goodbyes are hard...

Wednesday, July 1, 2009

さよならはきらいです。I hate goodbyes.

特に日本の空港でのさよなら、辛いです。バンクーバーの空港でのお別れも寂しいです。

若い時はバンクーバーの空港に行くのが大好きでした。用事もなく、ただドライブがてらによく行ってました。母も好きだったそうで、日本に近い気分になれたそうです。

母は50年前、一人で船にのって三週間かけてカナダに初めて来ました。その時のカナダでの知り合いは父一人でした。それも、まだほとんど面識がないような関係でした。家族と母国との一生のお別れ。想像出来ないです。

あきも10年前、誰一人も知らずカナダに来て、なんと言う勇気なんだろう。とよく思っています。

こんなさよならが苦手な私には多分出来ないことです。