一万時間

Saturday, July 25, 2009

最近、The Craftsman (by Richard Sennet)という本を読んでいます。そこでは、「何か一つの事を上手になるためには一万時間、それをやり続けなければマスター出来ない」と書いてありました。それって10年間、毎日3時間ということです。

私は、三十代後半になってから、アートを真剣にやり始めました。それまではずっと「遅すぎる。」と思いながらアートスクールへ行く夢を諦めていました。長年、アートに対しての欲望を隠すのがあんまりに上手になっていたんで、パートナーのあきさえ知らなかった事でした。自分の欲望であるのに、自分にとってさえミステリーとなってしまう事があるのは本当です。

あきに、「実は10代の後半から、ずっとアートをやりたかったけど、自分には遅すぎると思ってそのまま過ごしてきたんだ」と打ち明けた時、あきは「その気持ちは、多分これから十年後も変わらないんじゃない?」と言いました。その時、やっと私の中で何かがはじけたようで、この欲望は消えてしまわないという事に気づいたんです。

それで、その夢を追う事に決めて、学校へ通いだしました。それを決めた時点からは、1つの出来事が次の出来事を導くようにして、すぐに自分のアートの道を歩きだしていました。

でも、遅く始めたのは確かで、一万時間にたどりつくよう に頑張らないと!と思っています!

10 comments:

SARA said...

素敵♪
実は今カードレッスンの先生中なんですよ☆
でも生徒さんが一生懸命作業しているので私は熱心にパソコンを見ているふりをしながらkonさんのブログを見てるんです。
ふふふ。悪い先生です♪

でもなんだかとっても納得しました。

生徒さんに早速使おう!

kon said...

Saraさん、
久しぶりです!相変わらず正直ですね。ブログを読みながら生徒さんに教えるってすごいマルチタスクですね!いたずらっぽくて可愛いです。

Johnny said...

Hi Kon,

Akiさんに背中を押してもらえてよかったね。
いろんな意味で素晴らしいパートナーだよね。
冷蔵庫でお茶碗をかぶったタマネギもきっとKonの芸術にinspireしてるんじゃない?^O^

写真のBoisすごいねーっ!壮観だね!
KonのBoisを観ると、もうとっくに1万時間を越えてると思うよ。

あき said...

私も、インスパイアーを狙って、たまねぎにお茶碗をかぶせたんだよ!ジョニー、それがわかってすごいね!(笑)

kon said...

Hi Johnny!

そうですね。あきはいつも背中を押してくれています。とても頼りにしております。

一万時間超えてるんかね...この間計算をしてみたけど、まだまだだよ。いろいろアイデアを考えている時間も入れたら、いってるかもしれないけど!

kon said...

何がすごいんだよ!

ま、確かにルールなんて無しって言うことは習うけどちょっと迷惑です。(笑)

Johnny said...

うん、Akiさんのインスパイアーはずっと前から気づいてたよー♪すごいでしょー^O^v

Konもそろそろ認めた方がいいよ、内助の功!

kon said...

はぁ...

Johnny said...

Hi Kon,

気のない返事をありがとう^O^

それはそうと、

Konの作品ってKonしか創れない世界観があると思うんだよ。

だから、Konは質的に1万時間かけただけのものを習得してると思うよ。

それに、始めたのが遅かった分、前倒しで貯金みたいなのを持ってたと思うよ。
例えば、いろいろなものの見方ができるようになってたりとか。

これからもKon's worldをたくさん観せてね。

kon said...

Hi Johnny!

心温まるコメントありがとう。
私の世界に興味をもってくれて、本当に嬉しいです。

そういう風に言ってくれる人がいて、そういう目で作品を見てくれる人がいて、ものすごく励みになります。

ありがとう。