趣味

Tuesday, August 11, 2009

この間、九歳の甥っ子とねんどで遊んでいたら、 「これはマギーのホビー?」と聞かれて、私はちょっとちゅうちょし、「いや、ホビーじゃなく て、キャリアだよ。」と答えました。甥っ子は嬉しそうに「僕もこれをキャリアにしたい!」と言って、 私は「Sちゃんは何でもできるよ。」と答えました。

それから、ホビーとキャリアの違いをもう少し深く考えるようになりました。

趣味と言えば、うちの母を思い出します。母は趣味がとても多く、どんなに忙しくしていても、いつもどうにかして、趣味を毎日の生活の一部としていたような気がします。

母は夜遅くまで店で仕事をしていたので、レジの後ろに座って、よく本を読んで勉強したり編み物をしたりしていた覚えがあります。

六十代に入ってから、短歌を作ったり、書道もしていました。亡くなる前の数年はその「趣味」が何よりも母の支えになっていたような気がします。

こうして見れば、「趣味」と「キャリア」は、一体、何が違うんだろうとつくづく思います。もしかして、そのラベルだけなのかもしれませんね。それと、私の場合は余裕がもっとあるのかもしれません。

ちなみに、母の短歌一つです。

佃煮の山椒ちりめんとり出せば鼻効き猫が逸早く来る


3 comments:

Johnny said...

Hi Kon、

Konのお母さんを描くイラストは、なんていうか、優しい。Konのお母さんに対する愛が伝わってくる感じがするよ。観ている人の心が柔らかくなるイラストだと思う。前に靴ひもを結んでるイラストを見せてもらったときもそう思ったよ。

「趣味」と「キャリア」。
自分の場合、リサーチャーっていう仕事が大好きで、いつもそのこと考えてる。
だから大好きなことでお金がもらえて幸福だなぁって思うんだよねー

プライベートでもいろんな商品を観て感じたり考えたりすることは「趣味」でもあるし、「仕事」でもあったりして、線が引けない。無理(笑)

もし、仕事が好きでなかったら、別に趣味があって、しっかり線が引けてたかもしれないね。

あ、別の趣味もあるよ。「海」!^O^

kon said...

Hi Johnny,

いつもありがとう。Johnnyは本当に優しい!感想や表現がとても深くて、丁寧に感じる。母のイラストにこんなに丁寧な感想をくれてありがとう。

お仕事が大好きなんだ。それは本当にいいことだね。Johnnyは「商品を観て感じたり考えたりすること」が上手そうだ。

それがJohnnyのお仕事で、大好きだということは、Johnnyの深い感想や表現によく現れていると思う。

もし、お仕事が好きでなかったら、リサーチャーを趣味にしていたかもね。(笑)

「好き」っていう気持ちは大切だね。特に海さんのこと!

Johnny said...

Hi Kon,

ほめてくれてありがとう。
(身に余るよ)

Konのオリジナルな世界観はArtだけじゃなくて、Konの生き方にも現れていてステキだなぁと思う。

自分も自分オリジナルな世界観が創れるよう日々精進するね。