freakは分かる。

Sunday, October 4, 2009

MTFライター、パフォーマ、アクティビスト、Kate BornsteinがGender Outlawという本の中で、こういうお話を紹介しています。

子供の頃、お父さんにサーカスへ連れて行ってもらって、サイドショーを見に行ったそうです。(サイドショーとは"freak”「化け物」を見せびらかすショーです。)

そこで、世界で一番大きい人、オラフに会いました。ケイトは、一瞬で彼と心が繋がり、彼が小さいケイトに近寄りました。彼は、その大きな指に指輪をたくさんしていました。彼は指輪を一つ外して、ケイトの手首に付けてあげました。

二人は同じもの同士ってすぐ理解して、お互いを見て微笑み合ったそうです。

---------------------------------------------------------------------------------------

Kate Bornstein (an MTF writer, performer and activist) tells a story in Gender Outlaw.

When she was a child, her father took her to the circus where she went to go see the sideshow. There, she saw Olaf, the world's tallest man. In a moment, she connected with him. He had rings on his giant hand and removed one to put on her little wrist. They recognized each other as kindred spirits and smiled to one another.

4 comments:

あき said...

konのこの作品、ケイトさんのお話に合わせて作ったこの陶器が大好きだよ。

幼いケイトと、大きなオラフの心が言葉もなく繋がった瞬間の美しさと優しさをしっかりつかまえたね。

私達もみんな、こんなピュアな力を持っているってこと、思い出させてくれるよ。

いつも素敵な贈り物をみせてくれて有り難う☆

kon said...

Thank you, Aki.

Johnny said...

Hi kon,

Kateの話も素敵だけど、
Konの作品すごくいいね!

こういうアートの方向性もあるんだね。
もとの話を知らなくても、
陶器からKonの世界観をベースに充分な愛が伝わってくるよ。

kon said...

Hi Johnny,
Your comments are always so encouraging and thoughtful. They make me think deeply. Thank you. 本当にいつも!